米マクドナルド最高経営責任者(CEO)当時のスティーブ・イースターブルック氏=2017年7月、ニューヨーク(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米マクドナルドは10日、前最高経営責任者(CEO)のスティーブ・イースターブルック氏が複数の社員と性的関係を持ち、社内調査にうそをついていたとして、退職金の返還などを求める訴訟を米裁判所に起こした。

 米メディアによると、イースターブルック氏は退任した際、4200万ドル(約44億5千万円)近くに相当する手当を受け取ったとされる。

 訴状によると、イースターブルック氏は昨年、社員との不適切な関係を理由に退任したが、社内調査では性的な関係を否定。しかし、再調査の結果、イースターブルック氏が3人の社員と性的な関係を持っていたことが判明した。

関連記事