新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 東京都調布市は8月10日、市生活文化スポーツ部の40代の男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。症状は軽い。

 市によると、男性は市役所内で事務を担当。休暇中の5日に発熱などの体調不良で病院を受診した。その後も回復せず病院でPCR検査を受け、9日に陽性と判明、入院した。感染経路は不明。

 市は職員1人を濃厚接触者として自宅待機を指示したが、症状は出ていない。市役所の消毒は済ませた。
 

関連記事