8月10日午後6時時点の位置と予想進路(気象庁HPより)

 台風5号は8月10日、速度を速めながら対馬海峡から朝鮮半島を経て日本海へ進んだ。11日は温帯低気圧に変わり、同日夜にかけて北海道付近に接近、通過する見通し。北海道の日本海側で局地的に雷を伴う激しい雨が降る恐れがある。6~7日の大雨で地盤が緩んでいる地域があり、土砂災害などに警戒が必要だ。

 気象庁によると、10日は長崎市で最大瞬間風速30・8メートルを記録。台風の北上に伴い、太平洋高気圧の周縁から暖かく湿った空気が流れ込み、高知県では24時間に150ミリを超える雨が降った。

 11日にかけて北海道で予想される最大風速(最大瞬間風速)は20メートル(30メートル)。11日午後6時までの24時間予想雨量は120ミリ。西日本も11日は四国を中心に竜巻などの突風や雷、非常に激しい雨に注意が必要になる。

 台風5号は10日午後6時現在、朝鮮半島を時速約50キロで北北東に進んだ。中心気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。

 また10日正午、南シナ海で熱帯低気圧が台風6号に変わり、台湾海峡に向けて進んだ。小笠原諸島・父島沖でも台風に発達する可能性がある熱帯低気圧が西寄りに進んでおり、気象庁が監視している。

関連記事