新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 和歌山県は8月10日、入院していた県内の80代男性が新型コロナウイルス感染症で死亡したと明らかにした。県内の死者は4人目。同県は20代女性3人が感染したと発表した。県内での感染確認は計182人。

 県によると、死亡した男性は7月22日、クラスター(感染者集団)が発生した和歌山市の訪問介護施設の入浴介護サービスを利用し、30日に陽性が判明。新型コロナによる肺炎で8月10日に死亡が確認された。男性には基礎疾患があったという。20代女性3人のうち2人は4日に、既に感染が確認された県内の消防署員らとの会食に参加していた。

関連記事