東京・銀座の歩行者天国を行き交う人たち=10日午後

 東京都庁舎

 東京都は10日、新型コロナウイルスの感染者が新たに197人報告されたと発表した。直近7日間の平均は約335・9人で、高止まりしている。入院中の重症患者は24人で、前日より1人増えた。

 都は警戒度を4段階の指標で最も深刻な「感染が拡大している」に位置付けている。お盆の時期の旅行や帰省を控えるよう都民に要請しており、酒類を提供する飲食店やカラオケ店には今月31日まで、午後10時閉店の時短営業も求めている。今後の推移次第で都独自の緊急事態宣言を出す方針。

関連記事