新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 岐阜県と岐阜市は8月8日、小学生から70代の男女15人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内の感染確認は450人となった。

 10~40代の男女3人は、7日に陽性が判明した岐阜市の50代男性医師の家族。男性医師に関連する感染者は計7人となり、市はクラスター(感染者集団)が発生したと断定した。7月以降の県内でのクラスター発生は11件目となった。

 各務原市の60代男性は愛知県警中村署に勤務する警察職員。窓口の受付や住民コーナーで相談対応をしていた。愛知県警は「現時点で来署者の中に濃厚接触者は確認していない」としている。

 瑞穂市立西小学校の女子児童は、5日に感染を確認した30代男性の家族。県は同校の児童ら約30人を検査する予定。

関連記事