沖縄県は7日、男女100人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県の1日当たりの発表数としては最多を更新し、県内の感染確認は計884人となった。

 玉城デニー知事は記者会見で、7月の連休以降に人の移動が活発化したことが要因の一つだと指摘。「現在の状況が続くと、医療機関の機能が低下する」と危機感を示した。

 県公表の100人には、沖縄テレビ放送(那覇市)の関連会社の40代男性が含まれている。同社によると、男性は那覇市在住で技術局勤務。

 また県は、米軍キャンプ・コートニー(うるま市)3人、嘉手納基地(嘉手納町など)1人の感染を公表した。

関連記事