新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 英製薬大手アストラゼネカが開発中の新型コロナウイルスワクチンを巡り、日本政府が1億回分以上の供給を受けることで近く合意することが8月7日、関係者への取材で分かった。日本でも8月、有効性や安全性を確認する臨床試験(治験)が始まる見通し。
 

関連記事