福井県庁=福井県福井市

 6月に兵庫県宝塚市で家族ら4人がボーガンで撃たれ死傷した事件を受け福井県は8月5日、県青少年愛護条例に基づきボーガンを有害玩具刃物類に指定した。18歳未満への販売、貸し出しを禁止し、違反した販売店などには30万円以下の罰金が科される。

 ボーガンは現在、銃刀法による規制の対象外。事件以降、7月末までに兵庫県など6県が同様の規制を決めるなどし、現在福井県のほか19県が指定している。兵庫県は全年齢を対象に所持を規制する条例も検討している。

 福井県の有害玩具刃物類の追加は、東京・秋葉原の無差別殺傷事件を受けダガーナイフなどの特殊ナイフを指定した2008年以来。4日に開かれた県青少年愛護審議会で出席者全員が規制に賛成した。インターネットを介した販売なども対象となる。

関連記事