新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 徳島海上保安部の巡視船乗組員7人が、新型コロナウイルスに感染したことが8月6日、海保などへの取材で分かった。同じ巡視船で既に乗組員2人の感染が判明しており、計9人となった。

 第5管区海上保安本部(神戸)などによると、7人は20~50代の男性で、5日に感染が分かった50代の乗組員2人の濃厚接触者だった。14人の乗組員が同日に検査を受けていた。

 徳島県は「クラスター(感染者集団)が発生した疑いがある」として調べる。

関連記事