熊本県で5日、36人の新型コロナウイルス感染が確認された。発表内訳は県が30人、熊本市が6人。また、死亡した男性の陽性も判明した。県内の感染者は計315人、死者は5人になった。

 県によると、人吉市の50代男性が4日、自宅で死亡しているのが見つかり、その後陽性と分かった。男性は7月の豪雨では被災せず、避難もしていなかったという。

関連記事