「GoToトラベル」を近場で楽しむよう呼び掛ける福井県の杉本達治知事=8月4日、福井県庁

 福井県の杉本達治知事は8月4日の定例会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、政府の観光支援事業「GoToトラベル」の利用について、まずは近場で楽しむよう県民に呼び掛けた。GoToを使って県内に宿泊した人に対し、県独自に旅行代金を追加で割り引くとしていた施策については「ふくいdeお得キャンペーン」と銘打つと発表。まず北陸3県在住者を対象に、8月末ごろの開始を想定していると説明した。

 全国知事会が7月31日に出した、近隣エリアで旅行するよう全国に呼び掛けるメッセージを受け、杉本知事は県民に対し「引き続き(GoToを活用し)県内の魅力を再発見していただきたい」と述べた。

 お得キャンペーンでは、旅行代金の金額レベルごとに独自の割引料金を設定。例えば代金が2万円の場合、GoToによる35%(7千円)引きに加え、3千円割引を上乗せし、計1万円引きとすることを想定している。

 実施時期は3県の感染状況を踏まえて慎重に判断するという。3県の観光案内所に各県のパンフレットを置くなど互いに協力する。

関連記事