「#私の好きな福井県キャンペーン」とハッシュタグを付けて投稿された自然や食べ物などの写真(福井県観光連盟提供)

 福井県内で撮影された写真を写真共有アプリ「インスタグラム」で募集している福井県観光連盟のフォトコンテストで、「#私の好きな福井県キャンペーン」とハッシュタグの付いた投稿が開始1カ月で千件を超えた。同連盟は「季節感あふれる自然や花など屋外の写真が多く、予想を上回る出足。引き続き気軽に投稿し、魅力を発信してほしい」と話している。

 県の県内宿泊代補助「ふくいdeお泊まりキャンペーン」に合わせ、福井の魅力を再発見、発信してもらおうと企画。同連盟の公式アカウント(@fukuikankou)をフォローした上で、「#私の好きな福井県キャンペーン」と、「#東尋坊」などと撮影場所を示すハッシュタグを付けた投稿をした参加者の中から、抽選で110人に特産品などを贈る。募集期間は7月1日~9月末。写真の審査はない。

 同連盟によると、3カ月間で投稿千件が目標だったが、8月4日正午時点で既に1341件に上っている。3密(密閉、密集、密接)を避ける行動のためか、海や三方五湖、山、ひまわり畑、花ハスなど9割以上が屋外の写真で、投稿を見て自分の行き先を決めるケースもみられる。お泊まりキャンペーンの効果で県内周遊が活発になったためか、嶺北と嶺南の写真はほぼ同数だという。

関連記事