槙原敬之被告

 違法薬物を所持したとして、覚醒剤取締法違反(所持)罪などで有罪判決を受けたシンガー・ソングライター槙原敬之被告(51)は3日、公式サイトに「当面の間、今後に予定しておりました活動を休止させていただきたいと思います」とするコメントを掲載した。

 コメントでは「その間は、常に罪を償う思いを持ち、今後、皆様のご信頼を一日でも早く取り戻せるよう、日々懸命に努力をする所存でございます」としている。

関連記事