新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 宮城県と仙台市は7月29日、未就学の男児、10代の小学生男児、20代女性、50代男性の4人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内の感染者は計153人となった。

 市によると、小学生男児は27日に陽性が判明した大阪府の30代男性の家族。男性は23日に仙台市に帰省後、男児と接触していた。男児は市立西中田小に27日も登校しており、同小は29日午後、全児童を下校させた。30~8月3日まで臨時休校する。50代男性の感染経路は不明という。

 県によると、20代女性と未就学児は27日に陽性が判明した名取市の30代男性の家族。鼻汁や喉の痛みが残っているが、重い症状ではない。
 

関連記事