福井県高校野球大会準々決勝・福井工大福井―美方 八回無失点と好投した福井工大福井の高木寛斗=7月27日、福井県営球場

 新型コロナウイルス感染症の影響で中止になった全国高校野球選手権福井大会に代わる福井県高校野球大会第7日は7月27日、福井県営球場(福井市)で準々決勝2試合を実施。第2試合は、福井工大福井が美方との投手戦を3―0で制し準決勝に進出した。

美方
000 000 000…0
000 200 01x…3
福井工大福井

■美方 末友涼、川島海翔ー宇野雄貴
■福井工大福井 高木寛斗、垣外中健心ー大上岳人

⇒福井県高校野球大会トーナメント表

 福井工大福井は四回、古川雄己の二塁打などで2死満塁のチャンスをつくると車谷仁の適時打で2点を先制した。八回には浅里友輝のヒットなどで1死満塁と攻め、納田代雅の内野安打で貴重な追加点をあげた。

 投げては高木寛斗が要所を締め八回無失点の力投。九回は垣外中健心が継投し美方に得点を許さなかった。

 美方は初回、中村樹希哉の二塁打を足掛かりに1死二、三塁と攻め、レフトのファールフライからタッチアップを狙うも本塁でタッチアウト。九回には1死一、二塁とチャンスをつくったが後続が倒れた。

■福井県高校野球大会の全打席を速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で福井県高校野球大会の全試合を打席ごとに速報します。プレー写真も更新し、スマートフォンやパソコンで試合の流れが楽しめます。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開します。

⇒全打席速報はこちら

⇒福井新聞D刊の会員登録はこちら

⇒イニング速報はこちら

⇒球児のプレー写真たくさん【写真特集】はこちら

関連記事