福井県高校野球大会準々決勝・福井商業-金津、九回表、同点に追いつく福井商業のホームイン=7月27日、福井県営球場

 新型コロナウイルス感染症の影響で中止になった全国高校野球選手権福井大会に代わる福井県高校野球大会第7日は7月27日、福井県営球場(福井市)で準々決勝2試合を実施。第1試合は、互いに一歩も引かない打撃戦を延長十二回の末、福井商業が金津を18―12で下し準決勝に進出した。

福井商業
002 000 321 226…18
002 311 100 220…12
金津
(延長12回)

⇒福井県高校野球大会トーナメント表

 3点を追う福井商業は八回、半澤慎之介の適時二塁打、印牧蓮の犠飛で1点差にすると、九回には無死一、三塁の好機で米田宏壽が犠飛を放ち、試合を振り出しに戻した。

 無死一、二塁で始まるタイブレークの延長戦に入っても点の取り合いとなった。福井商業は12-12で迎えた十二回、北出周吾の適時打で1点を勝ち越すと、奥村開の犠飛などで一挙6点を挙げ、金津を引き離した。

 金津は四回に、齊藤成臣の適時打などで3点を勝ち越し。その後も着実に加点したが、九回に追いつかれた。延長戦では常に福井商業にリードを許すも、十、十一回と一時は同点に追いつく驚異的な粘りをみせた。

■福井県高校野球大会の全打席を速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で福井県高校野球大会の全試合を打席ごとに速報します。プレー写真も更新し、スマートフォンやパソコンで試合の流れが楽しめます。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開します。

⇒全打席速報はこちら

⇒福井新聞D刊の会員登録はこちら

⇒イニング速報はこちら

⇒球児のプレー写真たくさん【写真特集】はこちら

関連記事