福井県高校野球大会準々決勝・武生商業―北陸 四回、武生商業1死満塁で宮谷大也が右前適時打を放ち、三走の谷口楓青(中)が2点目のホームを踏む=7月26日、福井県営球場

 新型コロナウイルス感染症の影響で中止になった全国高校野球選手権福井大会に代わる福井県高校野球大会第6日は7月26日、福井県営球場(福井市)で2回戦1試合と準々決勝2試合を実施した。第3試合の準々決勝は、武生商業が北陸を3―1で下し準決勝に進出した。

武生商業
000 300 000…3
000 000 001…1
北陸

■武生商業 山本剛史―清水宰
■北陸 印牧光希、江口寛太―杼木誠太朗

⇒福井県高校野球大会トーナメント表

 武生商業は互いに無得点で迎えた四回、1死二、三塁の好機に岡下朔弥が右前適時打を放ち待望の先取点を奪った。さらに四球で1死満塁とすると、宮谷大也と宮本悠広の連続安打で2点を追加し3―0とリードを広げた。その後、毎回得点圏にランナーを進めるも追加点は奪えなかったが、先発の山本剛史が北陸打線を1点に抑える好投を見せ、逃げ切った。

 北陸は初回、2死から杼木誠太朗と水町達哉の連打で2死一、三塁としたが後が続かず無得点。0―3で迎えた九回、2死三塁で小林潤平が左前適時打を放ち1点を返し意地を見せた。さらに木内樹の中前打で2死一、二塁としたが力尽きた。

■福井県高校野球大会の全打席を速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で福井県高校野球大会の全試合を打席ごとに速報します。プレー写真も更新し、スマートフォンやパソコンで試合の流れが楽しめます。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開します。

⇒全打席速報はこちら

⇒福井新聞D刊の会員登録はこちら

⇒イニング速報はこちら

⇒球児のプレー写真たくさん【写真特集】はこちら

関連記事