岩谷産業が岡山市に整備した商用水素ステーション(同社提供)

 燃料電池車(FCV)に燃料の水素を補充する「商用水素ステーション」が来春、福井市内にオープンする。福井県内では初めてで、北陸3県では富山市に次いで2カ所目となる。

 岩谷産業(大阪市)と日本水素ステーションネットワーク合同会社(東京)による共同事業で整備費は約3億6千万円。国が約1億8千万円、県が約3600万円補助する。整備予定地は福井市灯明寺4丁目。

 県によると、車に接続しての補充時間は1回約3分。ただ補充前に水素を圧縮する時間が必要なため、1時間当たりで補充可能なのは3台程度という。

 商用水素ステーションは31都道府県に計131カ所ある。県内では昨年12月、太陽光発電による水素製造装置を組み合わせたシステムの実用化に向け、実証実験用の水素ステーションが敦賀市に開所している。供給能力は2日間で1台分。

 FCVは走行中の二酸化炭素(CO2)排出がゼロ、1度のフル充てんでガソリン車と同等の約650キロ走る。トヨタとホンダが販売しており、価格は1台700万円台。国の購入補助が最大約200万円ある。現在は約3500台だが、国は2030年に80万台の普及を目指している。

 誘致を進めた杉本達治知事は22日の定例会見で「県の長期ビジョンに掲げた『50年のCO2排出実質ゼロ』に貢献するもので、今後はFCVの普及に努めたい」とした。

関連記事