福井県高校野球大会準々決勝・啓新―敦賀気比 粘りの投球を見せた敦賀気比の先発・笠島尚樹=7月26日、福井県営球場

 新型コロナウイルス感染症の影響で中止になった全国高校野球選手権福井大会に代わる福井県高校野球大会第6日は7月26日、福井県営球場(福井市)で2回戦1試合と準々決勝2試合を実施。準々決勝第2試合は、敦賀気比が啓新を6―2で下し準決勝に進出した。

啓新
000 000 020…2
401 001 00X…6
敦賀気比

■啓新 山田悠翔、塚田晴斗、倉橋瞳人―田中元気
■敦賀気比 笠島尚樹、岩田優世、松村力―御簗龍己

⇒福井県高校野球大会トーナメント表

 敦賀気比は初回、2死走者なしから四球と安打などで満塁のチャンスをつくり、岡村匠樹が走者一掃の三塁打で3点を奪った。投手交代の後、四球を挟み2死一、三塁から中村一喜が適時打を放ち1点を追加。三回には笠島尚樹の中前適時打でさらに1点追加しリードを広げた。

 敦賀気比の先発笠島尚樹は7回2/3を投げ、2桁安打を許したものの粘りの投球を見せた。最後は岩田優世、松村力の継投で逃げ切り4強進出を決めた。

 啓新は初回1死満塁のチャンスを作ったが、後が続かず無得点に終わった。五回にも無死一、三塁の好機を迎えたがあと一本が出ず得点を奪えなかった。6点を追う八回、代わったばかりの敦賀気比の投手岩田優世を攻め2死満塁から内野安打と押し出し四球で2点を返したが及ばなかった。

■福井県高校野球大会の全打席を速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で福井県高校野球大会の全試合を打席ごとに速報します。プレー写真も更新し、スマートフォンやパソコンで試合の流れが楽しめます。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開します。

⇒全打席速報はこちら

⇒福井新聞D刊の会員登録はこちら

⇒イニング速報はこちら

⇒球児のプレー写真たくさん【写真特集】はこちら

関連記事