福井県高校野球大会2回戦・金津―丹南 五回、金津は齊藤成臣の適時打で福田悠太(中央)と牧田大洋(奥)が生還し8―1とリードを広げる=7月25日、福井県営球場

 新型コロナウイルス感染症の影響で中止になった全国高校野球選手権福井大会に代わる福井県高校野球大会第5日は7月25日、福井県営球場(福井市)で2回戦2試合を行った。第2試合は金津が丹南に11―1で六回コールド勝ちし、準々決勝へ進出した。

丹南
000 010 …1
022 133x…11
金津
(六回コールド)

■丹南 加藤和暉―中嶋秀人
■金津 浅野太聖―森岡桜介

⇒福井県高校野球大会トーナメント表

 金津は二回、1死二塁から齊藤成臣の左越え適時二塁打で先制。浅野太聖の犠飛で1点を加えた。三回には橋本駿生の適時二塁打などで2点を奪い、試合を優位に進めた。

 中盤にも着々と加点し7点リードで迎えた六回、橋本と牧田大洋の適時打などで3点を加え、試合を決めた。先発右腕浅野が6回を1安打1失点と安定感を見せた。

 丹南は5点を追う五回、先頭の4番坂下雅憲が中越え二塁打で出塁。1死三塁から石田龍士の内野ゴロで1点を返す意地を見せた。

■福井県高校野球大会の全打席を速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で福井県高校野球大会の全試合を打席ごとに速報します。プレー写真も更新し、スマートフォンやパソコンで試合の流れが楽しめます。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開します。

⇒全打席速報はこちら

⇒福井新聞D刊の会員登録はこちら

⇒イニング速報はこちら

⇒球児のプレー写真たくさん【写真特集】はこちら

関連記事