復原町並の「和傘スカイ」を楽しむカップル=7月23日、福井県福井市の一乗谷朝倉氏遺跡

 福井県福井市の一乗谷朝倉氏遺跡で7月23日、夏を楽しむ「朝倉サマーイベント」が始まった。復原町並には色とりどりの和傘と風鈴が飾られ、「インスタ映え」を狙う若者らがスマホで会心の一枚を収めていた。

 イベントは市が昨年に続き開いた。和傘、風鈴の設置は「和傘スカイ」と銘打った企画で、町並に組み立てた木枠に和傘を飾り、風鈴300個もつるした。県内外から訪れた人は、町並と和傘が織りなす戦国情緒と風鈴の涼やかな音を満喫。カップルらが写真を撮り合っていた。

 このほか、明智光秀にちなんだ「戦国宝探し」ゲームがあり、親子連れらが遺跡を散策しながら宝につながるキーワードを探した。

 恋人と京都府京都市から訪れた女性(23)は「遺跡は初めて。風鈴と和傘はきれいだった」と話していた。

 和傘スカイは9月30日まで。8月中旬には光秀や朝倉氏の家紋が入った和傘を設置する。戦国宝探しは10月31日まで開かれる。

関連記事