滋賀県は7月23日、男女17人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日としては過去最多。彦根市の60代女性が重症で、他は軽症か無症状。県内の感染者は計145人になった。

 うち5人は、既に感染が確認されている京都市の女性と18日に滋賀県近江八幡市内で会食していた。参加した人の感染は計8人となり、県はクラスター(感染者集団)と認定した。

 また、会食に参加した甲良町の女性の家族4人も23日発表の17人に含まれる。これで家族5人が感染し、こちらもクラスターとなった。町はこの家族の子ども2人が通う小学校を24日から休校にすることを決めた。

関連記事