福井県高校野球大会1回戦 丸岡―丹南 六回、丹南・板倉智己の適時二塁打で12点目のホームを踏む齋藤颯翔=7月23日、福井県営球場

 新型コロナウイルス感染症の影響で中止になった全国高校野球選手権福井大会に代わる福井県高校野球大会第3日は7月23日、福井市の福井県営球場と敦賀市総合運動公園野球場で1回戦4試合を行った。県営第2試合は丹南が12-5で丸岡に七回コールド勝ちを収め、2回戦に進出した。

丹南
211 206 0…12
400 100 0…5
丸岡

■丹南 加藤和暉―中嶋秀人
■丸岡 佐野敬仁、前田拓摩、佐野―林俊汰

⇒福井県高校野球大会トーナメント表

 丹南は初回、2死から坂下雅憲の左前打と2死球で満塁とし、石田龍士の内野ゴロが敵失を誘い1点を先制。押し出しでさらに1点を加えた。2点リードされた二回、2死二塁から中嶋秀人の左越え適時二塁打で1点差に詰め寄った。同点で迎えた四回には1死三塁で敵失絡みで逆転。さらに1死一、二塁とし、加藤和暉の内野ゴロが敵失を誘い6-4とした。六回には1死三塁から加藤の左前適時打で追加点。さらに2死満塁とチャンスを広げると島津一翔、板倉智己のタイムリーで5点を加え、この回一挙6点を挙げた。

 先発の加藤は立ち上がりに失点したが、尻上がりに調子を上げ反撃をしのいだ。

⇒熱戦の模様を充実の写真でプレーバック(D刊)

 丸岡は2点のリードを許した初回、右前打の多田龍司を二塁へ送り、林俊汰の右前打で1死一、三塁のチャンス。川津快人の内野ゴロの間に1点を挙げ、佐野敬仁、前川遼介、石隅蒼生の3連打で4-2と逆転した。再びリードされ迎えた四回に小川虎太郎の犠飛で1点を返したが、打線をつなげることができなかった。

■福井県高校野球大会の全打席を速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で福井県高校野球大会の全試合を打席ごとに速報します。プレー写真も更新し、スマートフォンやパソコンで試合の流れが楽しめます。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開します。

⇒全打席速報はこちら

⇒福井新聞D刊の会員登録はこちら

⇒イニング速報はこちら

関連記事