恐竜博物館がコラボしたタカラトミーの恐竜のフィギュアとGUのキッズTシャツ

 福井県立恐竜博物館と企業がコラボした2商品の販売が始まった。おもちゃメーカー「タカラトミー」の動物フィギュアシリーズとして「フクイサウルス」など4種類が登場。カジュアル衣料品店の「ジーユー(GU)」からは標本模型などが描かれた子ども向けTシャツが商品化された。

 タカラトミーの「アニア」は、動かして遊べる手のひらサイズの動物フィギュア。今回、商品化された「フクイサウルス」「フクイラプトル」は恐竜博物館内で7月14日から販売されている。それぞ幅12~13センチ、高さ5センチ、奥行き2センチで価格は各900円(税抜き)。同館が監修し、形や色を忠実に再現した。

 GUのTシャツは、恐竜博物館が所有する標本模型や骨格標本などがモチーフになっている。サイズは100センチ~160センチで、デザインや色が異なる8種類。20日からGU店舗で扱っている。価格は790円(税抜き)。恐竜博物館は23日から、Tシャツを着た来館者(先着500人)にトリケラトプスの歯のフィギュアなど記念品を贈る。

関連記事