新型コロナウイルス福井県内の感染状況

 福井県は7月21日、新型コロナウイルスの新たな感染者は確認されなかったと発表した。同日午前9時までに新たに結果が判明したPCR検査は130件で、1日当たりの検査数の最多となった。17日に陽性が確認された50代男性バス運転手(坂井市)の関連が82人を占めた。

 運転手関連の検査受診者のうち、接触があったとみられる同僚が78人。運転手が通っていた温浴施設で接触があったとみられる人、運転していた路線バスの利用者の受診もあった。運転手の関連以外でも、発熱などの症状があった人や県外滞在歴がある人が検査を受けた。全て陰性だった。

 PCR検査数が県内でこれまでに最も多かったのは4月28日の129件。7月12日に県内で4月下旬以来の新規感染者が発表されてから再び増加傾向となり、18日以降は100件前後が続いていた。

 県内の感染者は126人。12日以降に感染が確認されて入院した4人のうち1人が退院した。

⇒福井のコロナ感染者にまた誹謗中傷

⇒福井県コロナ対策、ステップ3移行へ

 ■福井県内の感染情報、メールで速報

 福井新聞D刊では、福井県内の新型コロナウイルスの感染情報をメール速報しています。
⇒申し込みはこちら

関連記事