福井県が検討している併用方法

 7月22日に始まる政府の観光支援事業「Go To トラベル」に関し、福井県は県民向けの県内宿泊プランが割引となる「ふくいdeお泊まりキャンペーン」との併用を認めることを決めた。県のキャンペーンで最大半額を割り引いた後、国の35%引きを適用する方向で検討している。1泊2万円のプランなら本人負担は6500円になる。

⇒GoToトラベル対象?宿側も不明

 併用期間は「Go To」が始まる22日宿泊分から、県のキャンペーンが終わる8月7日宿泊分まで。

 「Go To」では宿泊旅行の場合、旅行代金の35%を国が補助する。県によると、2万円の宿泊プランを申し込んだ場合、県が1万円を補助し、残り1万円の35%に当たる3500円を国が補助するため、本人負担は6500円となる。利用者は、旅行会社または宿で支払いの際に受け取った1万円の領収書や申請書などを国の事務局に後日、郵送またはオンラインで提出すれば、国から3500円が口座へ振り込まれる。

 嶺北、嶺南をまたぐ宿泊で、1人2千円引きとなる県の「交流枠」を使う場合はさらに安くなる。宿泊代が6千円の場合、県の半額割引と交流枠で5千円分が割り引かれ、残り千円の35%に当たる350円を国が補助するため、本人負担は650円で最安値となる。

 県のキャンペーン第2弾は現在も受け付け中で、21日時点で予約枠6万人のうち約1万6千人が申し込んでいる。

関連記事