福井県高校野球大会1回戦・美方ー大野 好投した美方の先発・末友涼=7月19日、福井県の敦賀市総合運動公園野球場

 福井県高校野球大会第2日は7月19日、福井県内2会場で1回戦6試合を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第2試合は美方が大野を9―2(八回コールド)で下し2回戦進出を決めた。

大野
000 000 11…2
010 030 05X…9
美方
(八回コールド)

■大野 春木奎吾、山腰大慎、尾花陸斗、三屋力規―竹下悠斗
■美方 末友涼、坂口颯汰―宇野雄貴

⇒福井県高校野球大会トーナメント表

 美方は二回、古森颯の右前打などで2死二塁のチャンスを作り、末友涼の左越え適時三塁打で1点先制。1―0の五回、2死満塁から植田隆生、前田颯斗の連続適時打と押し出し四球で3点を加えた。2点差に迫られた八回は宇野雄貴の適時打で1点を追加し、さらに満塁機で中村樹希哉の走者一掃の右中間越え適時三塁打で2-8。その後加点し計五点。一気に勝負を決めた。

 先発の末友涼は大野打線に的を絞らせず7回1失点の好投。2番手の坂口颯汰も力投を見せ、大野打線を2点に抑えた。

 大野は六回まで美方の末友に抑えられていたが、七回守備の乱れを突き1点。八回にも齋藤晃良の犠打で1点を返し2―4と迫ったが、八回裏に五点を奪われ力尽きた。

■福井県高校野球大会の全打席を速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で福井県高校野球大会の全試合を打席ごとに速報します。プレー写真も更新し、スマートフォンやパソコンで試合の流れが楽しめます。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開します。

⇒全打席速報はこちら

⇒福井新聞D刊の会員登録はこちら

⇒イニング速報はこちら

関連記事