感染第2波対策を説明する福井県の杉本達治知事=7月17日、福井県庁

 福井県内の新型コロナウイルス感染流行の第1波収束後、7月12日から6日間で新規感染者4人が確認されたことについて、福井県の杉本達治知事は17日の記者会見で「来るべき時が来たかなというのが第一印象」との受け止めを示した。

 17日に発表された感染者には、これまでの感染者との接点が見られないことから、「どこからかはともかく、ウイルスが県内に入ってくる状況になっている」として、マスク着用や手洗い、人との距離を取って3密を避けるなど感染防止対策の再徹底を呼び掛けた。

 18日にも新たな感染者が確認された場合、県が感染拡大への対応で設けている判断基準で1週間に5人以上の「注意レベル」に達する。杉本知事は「今すぐにそこを考えている状況にはない。ここから感染が広がっていくかどうかをみて慎重に判断したい」と述べた。

関連記事