福井県庁

 新型コロナウイルス感染が判明した京福バスの50代男性運転手は7月11日に倦怠感、13日夜に発熱の症状があった。13日に医療機関を受診したが、特に異常なしの診断を受けていた。一時は平熱に戻ったが、16日にPCR検査を受け、17日朝に陽性が判明した。

 運転手はスクールバス以外に路線バスにも乗務。9~12日に乗務したのは、川西三国線、学園線、越前海岸ブルーライン、大和田丸岡線、清水グリーンライン、運動公園線(道守先)、丸岡線、陣ケ岡線、金津本荘線、鶉三国線、県立病院丸岡線。

⇒感染した運転手乗務のバス路線一覧

 京福バスが17日、福井県庁で会見し説明した。

⇒京福バス男性運転手が新型コロナ感染

⇒感染運転手は小学校スクールバスも運転

⇒児童も希望あればPCR検査

⇒京福バス社内濃厚接触者は運転手6人

⇒福井のコロナ感染者にまた誹謗中傷

⇒第2波は学校ごとに休校判断、福井県

 ■福井県内の感染情報、メールで速報

 福井新聞D刊では、福井県内の新型コロナウイルスの感染情報をメール速報しています。
⇒申し込みはこちら

関連記事