イラスト・小林孝文

 熱中症が多くなる季節がやってきました。中でも、高温で湿度の高い梅雨明けごろにかかる人が最も多いと言われています。

 子どもは汗をかいて体温を下げる機能が未熟で、体に占める水分の割合が大人より高いため、外気温の影響を受けやすく、熱中症になりやすいです。身長が低いため地面からの照り返しを受けやすく、長く外にいると危険が高まることも。今年はマスクを着用する機会が多いので、さらに熱がこもりやすくなります。

■こまめに水分、休憩を

 予防には▽こまめに経口補水液などを飲む▽クーラーなどで室温を適温に▽通気性の良い服を着て、外出時は帽子をかぶる▽日陰や屋内で休憩する-などが有効です。おしっこの量や回数が減ったり、色が濃くなったりしているときは脱水症のサイン。注意しましょう。

■重症なら救急車呼んで

 熱中症になると、▽めまいや立ちくらみ▽筋肉痛やこむら返り▽体のだるさや頭痛、吐き気▽大量に汗がでる▽呼びかけに反応しない▽まっすぐ歩けない-などの症状が出ます。

 もしかかってしまったら▽涼しい場所に移動する▽衣服をゆるめ、保冷剤や氷で脇の下や首や足の付け根を冷やす▽冷たいタオルで体をふいて、うちわなどであおいで風を送る▽吐き気が無ければ、経口補水液やスポーツドリンクなどを飲ませる-などの対応をし、体調が良くならなければ医療機関を受診しましょう。

 呼びかけに反応しない、全身がけいれんする、体温が40度以上ある、汗が出なくなる、などの症状があれば重症ですので、救急車を呼びましょう。(福井県小児科医会・渡邉康宏)

関連記事