14日午前11時半ごろ、名古屋市名東区上社2丁目の名東区役所で、40代の男性職員が男に刃物で上半身や脚を刺された。名東署によると、職員は病院に搬送されたが、意識はあるという。同署は殺人未遂容疑でその場で取り押さえられた男を現行犯逮捕した。男は黙秘し、身分を示す物を持っていないという。

 名東区役所によると、刺された職員は民生子ども課で生活保護を担当するケースワーカーで、60代ぐらいの男に後ろから突然、包丁のような物で刺されたという。周囲にいた職員が男を取り押さえ、駆け付けた警察官に引き渡した。

 名東区役所は、一部の課の窓口を閉鎖した。

関連記事