新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 福岡県で7月13日、2人の新型コロナウイルス感染が確認された。福岡市と北九州市が発表した。福岡県内で感染を確認したのは累計917人になった。

 福岡市が感染を確認した男性会社員は、11日に感染が判明した福岡県糸島市に住む男性の同僚。7日に同僚の引っ越し作業を手伝い、一緒に会食したという。

 北九州市が感染を確認したのは同市八幡東区に住む医療スタッフの20代女性。既に感染が判明している70代無職女性の入院先の病院で勤務しており、濃厚接触者として検査を受けていた。

関連記事