佐々木勝久氏

 10月の福井県鯖江市長選挙に出馬の意向を示していた市議の佐々木勝久氏(52)=熊田町=が7月12日、市役所で記者会見し、立候補を正式に表明した。佐々木氏は「笑顔あふれる鯖江を目指し、『チームさばえ』のまちづくりを推進したい」と述べた。

 市長選には10日に県議を辞職した田村康夫氏(60)=桜町3丁目=と、会社経営の山岸充氏(30)=深江町=も既に出馬を表明しており、1955年以来65年ぶりに三つどもえの戦いとなる公算が大きくなった。現職の牧野百男氏(78)=石田上町=は今期限りでの引退を表明している。

 佐々木氏は会見で「市議として牧野市長を近くで見てきた立場として、牧野市政を責任を持って引き継ぎたい」と述べた。具体的には牧野市政で定着した「市民主役」のグレードアップ、ITのまちを発展させた「スマートタウン」構想、防災や減災などに向けて取り組むとした。

 市長選は9月27日告示、10月4日投開票。

関連記事