埼玉県で7月11日、男女35人の新型コロナウイルス感染が確認された。県とさいたま、川口、越谷の各市が発表した。久喜市の未就学の女児や、さいたま市内の浄水場に勤める県職員の20代男性が含まれる。

 県によると、女児の通園先では全職員と園児の計188人にPCR検査を実施し、この女児を含む園児3人と職員4人の感染を確認した。県の担当者は「クラスター(感染者集団)に該当する」と説明したが、感染拡大の可能性が低いとして、場所や施設名を公表していない。
 

関連記事