共同通信社は11日、仙台支社編集部の30代男性記者が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。入院したが軽症で、周囲に体調不良を訴える人はいない。仙台市が同日発表した新規感染者の一人で、同市は同じ職場にいた7人を濃厚接触者としている。

 同社によると、記者は8日に倦怠感を覚え、その後、味覚異常もあったため、10日にPCR検査を受け、11日に陽性と判明した。取材などの業務時は、常にマスクを着用していた。

 共同通信社総務局は「保健所など関係機関と協力し、感染拡大防止に努めてまいります」としている。

関連記事