新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 奈良県と奈良市は7月11日、県内の10~40代の男性7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも軽症。県内の感染確認は計109人となった。

 県などによると、7人のうち4人は県内にある事業所の会社員。既に同じ職場で2人の感染が確認されており、クラスター(感染者集団)が発生した可能性もあるとみて調べている。県は事業所名を公表していないが、佐川急便は10日にホームページ上で、同県大和郡山市の奈良営業所の従業員3人が感染したことを明らかにした。

 7人のうち他の3人は感染者と接触したり、大阪市内などで飲食したりしていた。

関連記事