拉致問題の解決に向け署名活動を行う地村保さん(右端)=2009年10月、福井県越前市

 福井県小浜市の拉致被害者、地村保志さんの父保さんが7月10日、入院先の市内の病院で亡くなったことが11日に分かった。93歳だった。

 1978年7月7日、地村保志さん(65)と浜本(当時)富貴恵さん(65)が同市の小浜公園で行方不明になった後、前年に結成された「北朝鮮による拉致被害者家族会」のメンバーとともに署名や講演など救出活動に取り組み、真相究明を訴え続けた。2002年10月15日に地村さん夫妻の帰国が実現し、24年ぶりに再会した。04年5月22日には保志さんらの子ども3人の帰国も果たした。

関連記事