第2弾「お泊まりキャンペーン」

 福井県は7月11日、県民向けの県内宿泊プランが最大半額割引となる「ふくいdeお泊まりキャンペーン」第2弾の予約受け付けを始める。6万人分を想定し、対象期間は8月7日宿泊分まで。第1弾で人気が集中した旅館やホテル、民宿13施設を除く287施設が対象。

⇒【福井県民は宿泊半額】人気13施設は対象外に

 10日の県会本会議で、6万人の割引原資4億6千万円を含めた追加補正予算案が可決された。

 第1弾は5日間で延べ約4万6千人の予約があった。第2弾では、1人1泊3万円以上の場合の1万5千円割引きがなくなり▽2万円以上で1万円割引き▽1万円~2万円未満で5千円割引き▽6千円~1万円未満で3千円割引き―の3段階。嶺北、嶺南をまたぐ宿泊の場合はさらに2千円引きとなる。1回につき上限10人、1泊まで。支援効果が県内全域に行き渡るよう、各施設のキャンペーンの予約枠は、期間中の収容人数の約20%までとする。

 対象施設の一覧は県観光連盟のホームページ内「お出かけサイト」に掲載する。予約方法はプランによって、▽旅行会社の店舗で申し込む▽旅行会社で取り扱いのない施設は直接申し込む―のいずれか。問い合わせは県観光連盟内の事務局=電話0776(97)9527。

関連記事