東京都の小池百合子知事は7月10日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染者が新たに243人報告されたと明らかにした。1日当たりの感染者数としては9日の224人を上回り、2日連続で過去最多を更新した。小池氏は、検査体制が整備されてきたことが背景にあるとの認識を示し「自らの健康状況を知った上で感染させないことが広がっていくのは、むしろ是として受け止めるべきではないか」と述べた。

 小池氏は現状について「ステイホームを続けるよりは、皆さんが(感染に)気を付けて新しい日常をつくっていく過程だ」と指摘した。

 都内の感染者数は5月25日の緊急事態宣言解除以降、増加傾向が続き、今月2日以降は8日を除き100人以上で推移。東京から各地への波及も懸念され、小池氏は不要不急な他県への移動を控えるよう都民に呼び掛けている。

関連記事