東村新一市長(左)から感謝状を受け取る清水邦広さん=7月9日、福井県の福井市役所

 福井県福井市は7月9日、新型コロナウイルス感染対策に役立ててほしいと100万円を市に寄付した同市出身のバレーボール男子日本代表、清水邦広さん(33)=パナソニック=に感謝状を贈呈した。

 清水さんは、県内での新型コロナの感染拡大をニュースで知り、5月に市に寄付した。この日、市役所を訪れ、東村新一市長から感謝状を受け取った。

 東村市長は「(福井では)4月の終わりから新たな感染者は発生していないが、五輪の延期などで大変だったと思う。寄付は幅広い災害対策に使わせていただきたい」と謝辞を述べた。

⇒清水邦広選手が母校生徒にサプライズ

 清水さんは「福井に恩返しをするためにも今回、寄付をした。感染者はいつ増えるのかわからないので、今後もできることに取り組んでいきたい」と話していた。

 寄付金は避難所での新型コロナ感染対策や災害対策に活用する方針。

関連記事