新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 沖縄県は7月9日、旅行で来県した東京都在住の20代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は計145人となった。県によると、女性は東京で感染したとみられ、県内で3日に症状が出て8日に陽性と確認された。

 また、米軍キャンプ・ハンセン(金武町など)で複数人、普天間飛行場(宜野湾市)で1人が感染したことも明らかにした。在沖縄米海兵隊から県に連絡があったという。県内の感染者数には計上しない方針。

 在沖縄米軍ではこれまでに、嘉手納基地(嘉手納町など)とキャンプ・マクトリアス(うるま市)、普天間飛行場で計9人の感染が確認されている。

関連記事