新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 岐阜県は7月8日、新型コロナウイルスの検査で7日に陽性と判定された岐阜市の20代男性と、瑞穂市の20代女性、40代男性の計3人が、再検査の結果陰性だったと発表した。県内の累計感染者は3人減の160人と修正した。県は、精神的な負担をかけ、不要な入院や接触者調査を求めるなどしたとして、3人に謝罪した。

 県によると、3人はせきや発熱などの症状があり、7日に地域外来・検査センターで検査を受けた。陽性の結果が出たが、反応が弱かったため、8日にかけて別の検査を2回したところ、いずれも陰性だったという。

関連記事