神田うの (C)ORICON NewS inc.

 タレントの神田うのが8日、自身のインスタグラムを更新。7日放送の朝日放送『相席食堂』に眼帯姿で出演していたが、5月末に、眉毛と目の間を6針縫うケガを負っていたことを明かした。

【写真】眼帯をしてTV出演したことを報告した神田うの

 「昨日の朝日放送『相席食堂』をご覧下さった方々。眼帯をしての出演にビックリさせてしまってごめんなさい」と切り出した神田は「実は5月の末に、眉毛と目の間を6針縫うという顔に怪我をしてしまいまして… 怪我をする前にお受けしたお仕事だったので眼帯をしての出演となりました」と事情を説明した。

 ケガをした後のYouTube動画については、ケガをする前に撮り溜めていたものをアップしていたといい、「そしてインスタ写真はもっぱらお料理ばかりでようやく腫れが引いた段階で、怪我した場所を加工したり眼鏡をかけたりして何とかお顔出ししてきました」と明かした。

 8日夕方にアップした動画では、キッチンで料理中にぶつけてしまったとケガの詳細を説明。さらにインスタでは、「パックリ切れていたのを見た時は『ああもう終わった』と思いました。お顔ですからね。嘆いていても時間は巻き戻せない自分の不注意で起きてしまった事ですから受け入れるしかありません。家族に慰め支えられながら今は元気です」とし、「これが娘でなくて本当に良かったって、もし娘の顔に傷がついたらそちらの方が嘆き立ち直れなかっただろうから、私で良かったと…とにかく今は元気なのでご心配なくです」と回復も順調であることをアピールした。

関連記事