「福井のPRに取り組みたい」と抱負を述べるみっちーさん=6月29日、福井新聞社

 福山雅治さんのものまねで知られる芸人、みっちーさん(43)=福井県越前市出身=が6月29日、福井新聞社に来社した。「福井ゆかりの有名人とつながり、ふるさとのPR活動を増やしていければ」と抱負を述べた。大阪府知事やタレントのヒロミさんなど、新しいものまねも開発中だという。

 みっちーさんは、俳優を目指し上京、30歳ごろから福山さんのものまねを始め、本人公認のそっくりさんとして福山さんのライブなどにも出演経験がある。似ているとの自覚は高校の同級生からの「福山っぽくない?」という一言だったといい、「それが仕事になっている。自分の運命は他人が決めるんだな、と思う」としんみり。

 自分のSNSに福井の名産品をアップする活動を続けている。また元高校球児で、例年、母校の応援のため県大会に駆けつけるほど野球ファン。新型コロナの拡大で甲子園大会が中止になるなど影響が出ている県内球児に対し「これからの人生にプラスになることも多いはず」と激励した。

関連記事