追悼集会に参加し、思いを語る鈴木陽子さん=6日午前、神戸市西区

 兵庫県立神戸高塚高(神戸市西区)で1990年7月、登校指導をしていた教諭が閉めた校門に1年生の女子生徒=当時(15)=が挟まれ死亡した事件から30年の6日、校門前で市民団体が追悼集会を開いた。強い雨が降る中で、当時の生徒を含めた二十数人が花束を供え、発生時間の午前8時半ごろに黙とうした。

 事件当時、同校2年だった神戸市垂水区のパート鈴木陽子さん(46)はほぼ毎年、この集会に参加してきた。「30年はあっという間だった。私もよく遅刻していたので被害者は私だったかもしれない。学校には子どもに寄り添う教育をしてほしい」と願った。

関連記事