坂井フェニックス―福井工大 前半、先制ゴールを決める福井工大の古田(左から2人目)=テクノポート福井スタジアム

 サッカーの天皇杯全日本選手権福井県代表を決める県選手権(福井新聞社共催)は7月5日、坂井市のテクノポート福井スタジアムで準決勝2試合を行った。福井ユナイテッドFCと福井工大が決勝に進み、2年連続で同じ顔合わせとなった。

 北信越リーグ1部の福井ユナイテッドFCは、前半に6得点し7―1で福井KSCに快勝。福井工大は北信越リーグ1部の坂井フェニックスと対戦し3―2で競り勝った。

 決勝は12日午後1時からテクノポート福井スタジアムで行われる。当初は無観客試合としていたが、観客を入れて行う。今後、県内で新型コロナウイルス感染者が確認された場合は無観客とする。

関連記事