2020年7月6日午前9時の天気予想図(気象庁ホームページ)

 福井地方気象台は7月5日午後5時1分、大雨に関する福井県気象情報を出した。これまでの大雨により地盤の緩んでいる所があり、8日頃にかけて土砂災害に注意・警戒を呼びかけている。

 同気象台によると、梅雨前線が西日本から東日本に停滞しており、6日には太平洋高気圧が強まるため、前線は7日にかけて日本海まで北上し、その後南下して8日頃にかけて本州付近に停滞する見込み。

 福井県では、6日昼前から7日にかけて、雷を伴って1時間に30ミリの激しい雨の降る所がある見込みで、前線の活動が現在の予想よりも活発となった場合には、降水量がさらに多くなり警報級の大雨となるおそれがある。

 5日18時から6日18時までに予想される24時間降水量は、多いところで、嶺北100ミリ、嶺南80ミリ。6日18時から7日18時までに予想される24時間降水量は、多いところで、嶺北100~150ミリ、嶺南50~100ミリの見込み。

 新潟地方気象台によると、北陸地方の5日18時から6日18時までに予想される24時間降水量は、いずれも多いところで、新潟県60ミリ、富山県70ミリ、石川県80ミリ、福井県100ミリ。6日18時から7日18時までに予想される24時間降水量は、いずれも多いところで、新潟県100~150ミリ、富山県100~150ミリ、石川県100~150ミリ、福井県100~150ミリの見込み。

関連記事