新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 千葉県は7月2日、県内に住む20~90代以上の男女11人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県によると、1日当たりの新規感染者数が10人以上となったのは、4月24日以来。

 県の集計によると、6月22日~7月2日の感染者数は計54人で、うち少なくとも29人が発症前2週間以内に東京都内を訪れていた。市町村別の内訳では、都に隣接する市川市が12人と最も多く、次いで船橋、松戸両市が8人だった。

 2日に判明した感染者のうち20代と40代の男性は都内の飲食店でスポーツ観戦をしていた。当時店には約20人がおり、同店での感染者は千葉県が確認しただけでも計7人となった。

関連記事