水田で見つかった白いオタマジャクシ=福井県福井市

 福井県福井市灯明寺3丁目の水田で白いオタマジャクシが見つかった。近くに住む親子が散歩中に発見。黒いオタマジャクシの中で1匹だけ体が白く、目立っていた。

⇒【画像】白い子猫かと思ったらタヌキだった

 福井市自然史博物館によると、突然変異でメラニン色素が欠如する「アルビノ」。他の生き物に見つかって食べられる可能性が高く、とても珍しいという。

 翌日に捕まえ、親子の自宅の水槽で育てている。通常の黒いオタマジャクシもおり「白いのがどんなカエルになるのか、2匹にどんな違いがでるのか楽しみ」だという。

関連記事